コンプレックス・トラウマ あなたの癒しサロン人生道場|皆様の心のカウンセリングを行います

こんなお悩みありませんか?

自分に自信が持てない

人の目が気になる

言いたいことがいえない

思うように伝えられない

分かってもらえない

お悩みの方へ

お悩みご相談事例集

コンプレックス・トラウマの専門カウンセラー

齋藤絵里子

さいとうえりこ
1973年生まれ
カウンセリング内容

夫婦円満/恋愛/コンプレックス・トラウマ

どんな時でも、自分が望めば道が切り開けると確信しています。
ただ聞いて欲しい、悩みを受け取って欲しい、解決策を一緒に考えて欲しい等々、何かありましたら、是非お電話下さい。

永田 新一

ながたしんいち
1958年生まれ
カウンセリング内容

離婚問題

長年の編集の仕事の経験を踏まえ、編集の魅力を通して、心に悩みを抱える方々のサポートができないかと考え、カウンセリングをさせていただいています。

コンプレックスについて

■コンプレックスとは、

この語を最初に精神医学に持ち込んだのはヨーゼフ・ブロイアーらしい。しかし、この語を有名にしたのはユングである。ユングの定義によれば、コンプレックスとは、何らかの感情によって統合されている心的内容の集まりである。ある事柄と、本来無関係な感情とが結合された状態であり、これを「心的複合体」とも訳す。

日本では、早くから西洋医学の導入と共に、フロイトの精神分析もまた心理学・精神医学上の学説として入って来ていた。フロイトの精神分析においては、「エディプス複合(エディプス・コンプレックス)」が中心的な位置を占めていた。しかし、元々西洋人の意識・無意識の動力学理論でもあった精神分析は、日本人の心理には余り適合しなかった。

戦後、アメリカより、アルフレッド・アドラーの「人格心理学」が日本に入ってきた。アードラーの理論は、「劣等複合(inferiority complex)」を理論の中心に置いている。劣等複合の克服を通じて、人格の発達が成立するとしたアードラーのこの理論は、日本人には親しみのある内容のため、戦後の日本ではフロイトの理論よりも、アードラーの理論が流通し、また、その理論の中心概念である「劣等複合」が一般になった。

「劣等複合」とは「劣等コンプレックス」の事であるが、アードラーの理論の一般的な受容と、とりわけ、このコンプレックスが日本において流布したため、コンプレックスの名で、「劣等複合」を指すような日常の用語法が生まれた。日本では今なお、「コンプレックス」と言えば、暗黙に「劣等コンプレックス」の事を指す傾向がある。更に、精神分析の用語から離れて、「コンプレックス」を「劣等感」の同義語とするような誤用も生まれ、今に至っている。なお、劣等感とは劣等なものを合理的に認めるものであるため、劣等コンプレックスを克服したものであるとも言える。

さらに分析心理学上フェティシズムがコンプレックスとほぼ同義であるため、フェティシズムの分野にもコンプレックスという用語が使われる事もある。心理学用語ではなく俗語であるが、概念的には間違っているとは言い切れない。この場合、正確には「あるフェティシズムから想起されるコンプレックス」の事を意味する。

心理学的コンプレックスからの派生事例 [編集]ファザーコンプレックス(ファザコン) 子供が父親に抱く愛着
マザーコンプレックス(マザコン) 子供が母親に抱く愛着
エレクトラコンプレックス 娘の母親に対する対抗心
エディプスコンプレックス 息子の父親に対する対抗心
阿闍世コンプレックス 母親と子供の心理葛藤
アグリッピーナコンプレックス 母親の密着に対する息子の嫌悪
ブラザーコンプレックス(ブラコン) 兄弟に対する愛着
シスターコンプレックス(シスコン) 姉妹に対する愛着
カインコンプレックス 兄弟姉妹間の親の愛をめぐる葛藤
ロリータコンプレックス(ロリコン) 少女に対する愛着(特に12〜15歳を指す場合も)
アブラハムコンプレックス 父親の息子に対する憎悪
シンデレラコンプレックス 女性の高い男性志向
白雪姫コンプレックス 被虐待児症候群及び母親の娘に対する憎悪
正太郎コンプレックス(ショタコン) 少年に対する愛着
二次元コンプレックス 二次元キャラに対する愛着
メサイアコンプレックス 強迫的に人を援助する心理
ユディットコンプレックス 強い男に身を任せたい感情と相手に対する憎しみが重なった女性の二重心理
ダイアナコンプレックス 男性には負けたくないという女性心理
カメリアコンプレックス 不幸な女性を救おうとする男性の心理
スペクタキュラコンプレックス 性嗜好が行動を規律する心理
ピグマリオンコンプレックス 人形に対する愛着
オレステスコンプレックス 父親の掟と母親の呪縛の中で心が引き裂かれる心理
ダフネコンプレックス 処女の男性嫌悪
フランケンシュタイン・コンプレックス 人工存在を創造する欲望とその対象に対する恐怖

ご利用の流れ

対面カウンセリング 電話カウンセリング メールカウンセリング

カウンセリング受付番号にて、対面カウンセリングのご予約を行ってください。
※ご希望日時を電話口でお伝えください。
※ご希望カウンセラーがいれば、電話口でお伝えください。

カウンセリング受付番号にて、対面カウンセリングのご予約を行ってください。
※ご希望日時を電話口でお伝えください。
※ご希望カウンセラーがいれば、電話口でお伝えください。

カウンセリング内容をメール内に書き込んで下さい。
※ご希望カウンセラーがいれば、メールの文頭に入力してください。

     

カウンセラーに日時設定を確認後、 折り返しお電話させて頂き、カウンセリング日時を確定します。

カウンセラーに日時設定を確認後、 折り返しお電話させて頂き、カウンセリング日時を確定します。

メール相談は、一往復ごとに料金をカウントしていきます。この地点でカウンセリングはスタートしています。
※原則、2日以内に返信をさせて頂きます。

     

設定日時に指定場所にてカウンセリングスタート!

設定日時にカウンセリング実施専用番号にお電話を頂き、カウンセラーに取り次ぎをさせて頂きます。その後、カウンセリングスタート!

カウンセリング終了後に請求書を、メールもしくは、郵送にてお送りさせて頂きます。

     

カウンセリング終了後に請求書を、メールもしくは、郵送にてお送りさせて頂きます。

カウンセリング終了後に請求書を、メールもしくは、郵送にてお送りさせて頂きます。

 

ご利用料金

お問い合わせ